整骨院・接骨院、何が違う?

産後骨盤矯正に行く理由

治療院の種類には複数あり、整体院や整骨院、接骨院や鍼灸、カイロプラクティック、マッサージサロン、リラクゼーションサロンなど豊富ですよね。

 

その中でも、整骨院と接骨院の違いが分からなくてつい混同してしまうという人も多いのでは?

 

そこで今回は、整骨院と接骨院の違いについて明確にしていきます。
同じようなものと認識している人は、ここで正しい違いを学んでみてください。

 

○2つに違いがなかった!?

 

実は、接骨院も整骨院呼び方が違うだけで、違いはほとんどありません。
共に「柔道整復師」という国家資格が必要であり、この資格さえあれば、接骨院でも整骨院でも開業することができます。

 

要するに、接骨院と整骨院には違いがありません。強いて言えば、古くから開業しているサロンは、整骨院ではなく「接骨院」という名称がついていることが多いです。

 

最近開業したばかりのところは、恐らく「整骨院」という名称をつけるケースが多いでしょう。

 

○柔道整復師が対応できる範囲

 

柔道整復師は、脱臼や打撲、骨折や捻挫の症状を得意としています。

 

整骨院と接骨院どちらの呼び方であっても、これらの症状に対応できるでしょう。

 

あまり接骨院と整骨院を使い分ける意味はありません。
ただし、柔道整復師は「医師」ではありません。

 

骨折してしまった時も、病院のようにレントゲン検査はできませんし、メスを使った手術ができるわけでもありません。

 

薬を処方することもできないため、手術や薬物治療を希望しているのであれば、整骨院や接骨院ではなく、公的医療機関に行く必要があります。